ことほぎ

ことほぎ講座

■ことほぎとは

昨今、相手を思いやる意識が世界規模で必要になってきました。そんな中で日本は、“おもてなし”や“おもいやり”など、調和や同調の意識が高い国とも言われています。

そんな日本は、古代より“ことあげしない国”とされてきました。ことあげとは、ことさらに自分の気持ちを言い立てること。また、ことあげることで自分の問題点が返ってくるとされています。

良くも悪くも、言葉による現実化の力を大切にしてきた日本文明には、昨今、口にされる“引き寄せ”や、“アファメーション”に近いものが、古代から既に存在していました。

そして“ことほぎ”とは、思いやりの心を内に秘め、普遍的なリズムで言葉を並べることで、“未来の幸せを先取りする”ことが出来る予祝の言葉。過去から未来を作るのではなく、今から未来を作り出すことで、心軽やかな自分を表現します。

“ことほぎ講座”では、東洋科学(易経、陰陽五行など)の普遍的な自然の原理に基づいて、想像(イマジネーション)から創造(クリエーション)を行う言葉の運用法を学びます。

予祝をことほいで、自分が願う純粋な未来を叶えていきましょう。

★こんな方に“ことほぎ”をしてほしい★
≫思考と言葉を繋げたい方
≫言葉による具現化を起こしたい方
≫言葉の運用法を学びたい方
≫言葉の力で世界を変えたい方

─────────────────────

※全8回の講座で理論を学びます。
※より“ことほぎ”を深めて精度を上げていきたい方は、“ことほぎ道場”による実践練習をおすすめしています。
※“ことほぎ道場”は、ことほぎ講座④以降を修了した方を対象としています。

  • 第①章
  • 第②章

①ことあげしない国

■ことほぎ講座①で学べること

【ことあげしない国】

日本は予祝芸の国。お互いの未来を祝う言葉“ことほぎ”の基本概念を学びます。

日本には忌み言葉などの相手を思いやる言葉が伝わっています。相手を傷付けずに自分の主張を伝える“大和ごころ”について考えましょう。

★こんなことを学びます★
≫和魂洋才と大和ごころ
≫“ことあげ”と“ことほぎ”の違い
≫ことあげしない国

②陰陽中の陰陽

■ことほぎ講座②で学べること

【陰陽中の陰陽】

自分の思っていることが、相手にとって同じとは限りません。

自分の中にある自分と相手、相手にとっての自分と相手、意識が相手に届くまでの言葉の経路を、陰陽五行の発生原理で学びましょう。

★こんなことを学びます★
≫先天意識の発生
≫五行の世界の発生
≫忌み言葉を変換する

日時

2022年4月28日(木) 13:00〜16:00

持ち物

ヨガマット(なければ大判のバスタオル※なくても可)
動きやすい服装
飲み物
筆記用具

料金

2,500円

会場

花籠陰陽堂サロン

アクセス

阪急今津線 甲東園駅
※詳しい場所はお申し込み後にお伝えします

オンライン参加

オンライン参加をご希望方は事前にZoom参加URLが送られてきます。
10分前程に開場しますので環境を整えてお待ちください。

ご予約・お問い合わせ

※鵷樹LINEからもご予約可能です
>> 鵷樹LINE <<
PAGE TOP